発声障害の種類~けいれん性発声障害~症状と治療方法

【記事のみ】発声障害

けいれん性発声障害ってご存知でしょうか?
以前「とくダネ!」というTV番組でも特集でやっていたことがあります。

ゆーかり
ゆーかり

そこで、けいれん性発声障害の症状や、現代の治療事情などについて調べてみました。

スポンサーリンク

けいれん性発声障害~Spasmodic Dysphonia~ (略してSDともいう)

機能性発声障害の一つで、局所的な(主に喉に関係する筋肉)ジストニアの一種と考えられています。
咽頭ジストニアともいわれております。
声帯の筋肉が本人の意思に反して過度に収縮し、声帯が閉まって声が出なくなる状態になります。

※ジストニアとは、脳や神経系統の何らかの障害によって、不随意に(本人の意思とは関係なく)筋肉が収縮したり固まったりする疾患のことです。

けいれん性発声障害はどんな症状?

声帯そのものには異常が見つからなく、声を出そうとすると息苦しく、喉が詰まったり、震えたり、しめつけられるような感じがします。

ゆーかり
ゆーかり

やっと出せた声も、途切れ途切れに聞こえるのが特徴的です。

けいれん性発声障害の患者の悩み

・会話するとき、喉がつまり発声しにくいので「会話が聞きとりにくい」と聞き返され、仕事や人間関係で支障をきたす。

・気軽に通える医療機関が住んでいる地域にない(知識のある医師が少ない)

・声が普通に出る場合もあるので、周囲の人からは病気ではないと思われる。よって、「力を抜いて話したら」などと努力を強いられたりすることも精神的に苦痛になる。

など、症状そのものもつらいがそれに伴う精神的苦痛が大きいことも特徴的です。

ゆーかり
ゆーかり

ゆーかりも発声障害を抱えていますが、人と関わることが恐いと感じる時期がありました。

医療機関での治療法

ボトックス注射

医師の診断を受けて、ボトックスの注射を2~3か月に一度受ける。
注射の効果が効いている期間は喉のつまりはおさまるが、声がかすれる、嚥下しにくい、呼吸しづらいなどの副作用もあるようです。
さらにボトックス注射の治療をしている医療機関は少ないです。

音声訓練

病院で「けいれん性発声障害」という医師の診断を受けると、言語聴覚士による音声治療(音声訓練)に回されるということもあります。

手術(甲状軟骨形成術Ⅱ型)
長所

・局所麻酔で術中に声を聞きながら調節ができる
・声帯そのものにはダメージはない
・また、元の状態に戻すこともできる

短所

・声帯にチタンを埋めるため抵抗を感じる
・100%元通りの声が出せるようになるわけではないこと

などがあります。

全国の発声障害の診断、治療ができる病院が紹介されているこちらのサイトも、ぜひご参考になさってください。

私は数少ない音声外来にやっと受診した際に医師の前で、たまたま症状が出なく、「音声振戦です」といわれてしまい、音声訓練にもまわしてもらえませんでした。

患者にとっては「けいれん性発声障害」でも「音声振戦」でも、どちらであろうと治したい一心で受診するだけなのですが。

ゆーかり
ゆーかり

診断できる医師が数少ない上に、医師からの診断というハードルを乗り越えなくては、治療も受けられないという現状もあります。

スポンサーリンク

自分でできる対処法

上記の治療法はできる医療機関が少なく、住んでいる地域によっては音声外来がない場合もあります。また私のように病院で医師の前で症状がでなく、適切な治療を受けられない場合もあります。

ゆーかり
ゆーかり

なので私は以下の方法で、自分なりに対処してきました。

オーダーメイド漢方を服用する

保険がきかず自費なので、高額ではありますが試してみる価値はあると思います。
私の場合ひと月で約¥10000でしたが、半年ほどで効果を感じるようになりました。

私の場合、のどの詰まりが軽減されてきたことのほかに、併発していた他の部位の筋肉のけいれん(おそらくジストニア症状)も少しおさまってきました。

ゆーかり
ゆーかり

ゆーかりは、こちらの薬局の漢方薬のお世話になりました。

ボイスケアサロンなどでケアしてもらう

こちらも保険はききませんが効果はとても感じました。
けいれん性発声障害にとてもくわしく、完治した患者さんも多数いらっしゃるので、近郊にお住まいの方は試してみる価値はあると思います。

私は4か月ほど通いましたが、遠方なため、治療代より交通費のほうが高くつき途中で断念しました。
が、施術を受けた後は本当にのどのつまりは軽減されました。
一定期間続ければ効果は期待できると思います。

※注意

2020年9月30日にコロナの影響により閉鎖したと、公式サイトにて発表されております。
ですが、またいつか再開するとのことですので、HPを随時チェックしてみてはいかがでしょうか?

HPにも膨大な量の有益な情報が書かれています。

ボイストレーニングをする

ボイストレーニングといっても歌を中心に教えてくれるボイストレーナーのもとに通うわけではなく、個人的に効果的な発声練習をするというものです。
私が一番効果があったなというメソッドは、弓場徹さんの「YUBAメソッド」というものです。

ゆーかり
ゆーかり

ゆーかりは、このメソッドを実践するようになってから、劇的に発声が楽になりました。

また、発声障害特有の症状で「喉が詰まり初音(しょおん)が出しにくい」という症状を軽減するための、効果的なボイストレーニングとして、以下の動画も参考になさっていただければと思います。

ただこの病気はいろいろなことが複合的に重なるので私の場合はボイストレーニングだけではなく、上記の漢方やサロンでのケアなども重なって改善したとも考えられるので、いろいろな角度からアプローチしてみるとよいと思います。

その他の発声障害については、こちらの記事にも書いてありますのでご参考になさってください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました